【初回5000円】コーディネート依頼はこちら【リピート押売なし】

【手を抜くな!】メンズのおしゃれな下着(パンツと肌着+靴下)選びとオススメ18選!

スタイリストみやびん直伝!!モテる男のおしゃれ下着。夜をアツくする下着選び
女子ウケ下着に悩む人

「下着について、オシャレの基準ってあるの?」
「女子受けする下着っていったい何だろう?」
「そういえば、スタイリストの人って、どんな下着を着ているんだろう?」

など、みやびんのブログを読んできている人は、下着についてもさまざまな疑問が湧いてきていると思います。(そんなわけないとは思いますが(;’∀’))

この下着選びについて、以下の通りまとめました。

この記事の内容
  • パンツ、肌着、ソックスそれぞれのおすすめアイテム
  • パンツ、肌着、ソックスそれぞれの着こなし方や選び方

本記事の信頼性

私たちのプロフィール。総監修みやびんはパーソナルスタイリスト(スタイリスト資格保有・キャリア4年)、テレビ出演経験あり(メディア取材のオファーお待ちしております^^)、共著のあらいは心理学検定特1級+色彩検定1級保有(学術理論&論文調査スキルあり)、1万人が見る恋愛メディア統括編集長(恋愛ノウハウのアドバイス可)
みやびん(@miyabin5555) あらい(プロフィール)

私たちは「ファッション研究8年、スタイリスト歴4年で資格を持ち、テレビ局からも取材を受け、コーディネートとインタビューのVTRで出演したプロスタイリスト」と、「心理学検定特1級+色彩検定1級を持つ知識と理論面のプロ」です。

という私が彼女に下着売り場に連れていかれて女性の下着を選ばされたり、クライアントの男性からも下着選びについて相談を受けてきた経験をもとにしているので十分な信頼性かと。

ちゃんとクライアントの彼女が夜に褒めくれたのかということも確認しました(何の確認やねん)

今回は、そのような下着についての基礎知識について述べていきます。

下着選びで失敗していると、一番ロマンチックなシーン(意味深)で彼女から幻滅されてしまっていることもあります(笑)

そうすると、いつの間にか心が離れているなんてこともあり得ますので、ぜひ覚えておいてくださいね(;^_^A

下着の分類についてこの記事では以下の通りです。
①おパンティー(パンツ=ズボンと区別するための呼び方(;^ω^)
②肌着(上半身)
③ソックス
この3つについて具体的なアイテムと選び方のポイントを解説していきます。
おパンティーはおふざけとしても肌着とソックスについては超・重要です。

1.メンズのおしゃれ下着【おパンティー編】

ボクサーパンツ(代表5種)

この記事ではずっとおパンティーなんて言ってますが、別にふざけている訳ではありませんよ。(ズボンとかぶっちゃうし)

さて、このおパンティーと言えどもきちんと選ばないとだめです。

というのも、彼女からは意外と見られていて、ここで減点を食らってテンションを下げてしまうことがありますので、要注意なのです。

具体的なアイテムと選び方のポイントは、以下の通りになります。

おすすめアイテム例

具体的なおパンティー例
  1. ユニクロ スーピマコットンボクサーブリーフ(前開き) BLACK
  2. ユニクロ エアリズムウルトラ シームレスボクサー(ローライズ)BLACK
  3. MOSKOVAトレーニングボクサーパンツ LEON別注 M2 TECH SHORT&NITE CALL
  4. GU ドライボクサーパンツ(ローライズ)(フォト)
  5. BETONES ビトーンズ ANIMAL4ボクサーパンツ パンダ
  6. Calvin Klein ボクサーパンツ グレイッシュブルー(リンク先は代替品)

おパンティーを選ぶときの考え方

考え方一覧
  1. 黒系の色(コーデと兼ね合いは考えなくてよい)
  2. シチュエーションで選ぶ
  3. 下半身の発達(←意味深)具合と、履き心地で選ぶ

上記について詳しくは「【自信につながる!?】メンズのおしゃれボクサーパンツ6選と選び方とは?」という記事に詳しく書いていますのでそちらをご覧ください(^_^)/

自信を持てる!?おしゃれボクサーパンツ。夜をアツくする下着選び

2.メンズのおしゃれ下着【肌着編】(これも立派なアンダーウェア)

シームレスベージュのエアリズム

男性は下着というと、おパンティーばかりに目が行きがち(意味深)ですが、肌着もおしゃれさんには必須の下着ですよ‼

そんな肌着のおすすめと考え方は、以下の通りです。

おすすめの肌着
  • ユニクロのエアリズム(夏)4月~10月
  • ユニクロのヒートテック(冬)10月~4月
  • ミズノのブレスサーモ(冬)10月~4月
肌着の着方
  • 全く見せない
  • 乳首透けを防止する
  • 肌着のラインが透けないようにする

上記の通りです。

時期については目安ですので、ご参考程度に。それぞれの季節に対応したファッションを着た時に暑いか寒いかで考えましょう!

①メンズのおしゃれ下着の具体例【肌着編】

おすすめの肌着
  • ユニクロのエアリズム(夏)4月~10月
  • ユニクロのヒートテック(冬)10月~4月
  • ミズノのブレスサーモ(冬)10月~4月

順番に紹介していきます。

(1)ユニクロのエアリズム(夏)4月~10月

おすすめポイント
  • 下着のラインが浮き出ない
  • ベージュで透けることがない
  • 乳首を隠す(目立たなくする)
  • 余分な丈や袖をハサミで切って調整できる

こちらは何度も紹介していますが、改めて定番として紹介しますね。おすすめなポイントは上記の通りになります。

中でも大事なのが、乳首を隠すことです。

これできていないと身だしなみ・マナー的にもNGです。

(2)ユニクロのヒートテック(冬)10月~4月

おすすめポイント
  • 下着のラインが浮き出ない
  • ベージュで透けることがない
  • 乳首を隠す(目立たなくする)
  • 余分な丈や袖をハサミで切って調整できる

こちらも冬の定番です。おすすめポイントは先ほどと同じで、上記の通りとなります。

要するに透けなくするために必須です。マナーです。

写真のシームレスタイプは2019年度・2020年度は販売されていませんでした。
後述しますが、シームレスタイプではない場合は、襟の部分をハサミで切らないといけません。

(3)ミズノのブレスサーモ(冬)10月~4月

写真がないのでこの画像で許してください!何でもしますから!
写真なしです。すいません。。。
おすすめポイント
  • スポーツブランドに恥じぬ保温機能
  • 下着としての透け防止機能は十分

もしユニクロのヒートテックが売切れていた場合、代わりとしてつかえます。

主に、洋服の青山やスポーツ用品店などで販売されています。

②メンズのおしゃれ下着の着方【肌着編】

以下の通りです。

  • 全く見せない
  • 乳首透けを防止する
  • 肌着のラインが透けないことを確認する

上記の通り、肌着の場合は機能性が最優先です。理由は以下の通りです。

・肌着は生活感を感じさせるので、見せるものではない
・肌着は乳首透けを防止するために使用する
・肌着の線が透けるとだらしなくなる

つまり、おしゃれになるためには肌着は徹底的に機能性を優先しないといけないということです。

もちろん、裸のつき合い♂ができる特別な人(意味深)には、肌着や乳首も見せてもかまわないですよ(笑)

ちなみに、暑いからなどという理由で肌着を着ないというのは、以下の理由から絶対にNGです。
・Tシャツやワイシャツを汗と皮膚で消耗させる
・汗染みを目立たせることになり、だらしなくなる
・乳首がスケスケになる(これほんとNGですからね(´;ω;`)
なので、どんなに暑い夏の日でも、必ず一枚肌着を着てくださいね。エアリズムを挿むと意外に快適ですよ!

というわけで、それぞれについて解説していきます。

(1)全く見せない

根本的に、肌着や下着については、見えるとだらしない印象になります。

特に、肌着については一切見られてはいけません。

そのため、肌の色と同化するベージュを選ぶ必要があります。ベージュ一択です。

(2)透けるのを防止する

肌着だけではなく、上から服を着た時に乳首が透けていないかをチェックしてください。

特にお胸のあたりがスケスケでは、いやらしさとだらしなさが一緒ににじみ出ています(;’∀’)

スケスケの胸部を惜しげもなく見せている様は、まさに、へんT(おや、誰か来たようだ

必ずチェックしてくださいね。

(3)肌着のラインが透けないようにする

具体的には次の通りです。

  • シームレスタイプを着用する
  • 襟や袖などのラインになっている部分を切り取る

切り取るということに抵抗を感じる人もいるかもしれません。

しかし、シームレスタイプが発売される前のおしゃれさんは、自主的にハサミで切り取っていました。

自分の場合は、ヒートテックを切って使っていましたが、大きなほつれなどはありませんでした。

Tシャツの方が肌着よりも小さい場合、切り取って活用すれば大丈夫です。
化学繊維の場合、大きなほつれは出にくく、切り取っても普通に使えます。

3.メンズのおしゃれ靴下(ソックス)とは【これも下着と考えたほうがいいです】

ユニクロベリーショートソックス

ソックスについても、下着という扱いで述べておきますね。

ソックスは下着という考え方の方がわかりやすいからです。

積極的には見せないものという部分で共通しています。

そんなソックスについておすすめアイテムと考え方は、以下の通りです。

おすすめアイテム例

おすすめのソックス
  • ユニクロ ソックス レッド
  • ユニクロ ソックス ブルー
  • ユニクロ リブソックス イエロー
  • ユニクロ スーピマコットンカノコソックス OFF WHITE
  • ユニクロ 50色ソックス(消臭機能付き) LIGHT ORANGE
  • Tabio MEN/ メンズ Tシャツボーダーソックス アイボリー
  • ユニクロ ベリーショートソックス グレー
  • ユニクロ ベリーショートソックス ネイビー
  • MONSIEUR NICOLE ラメリブソックス ネイビー

靴下の合わせ方の考え方

靴下の合わせ方5つの技法
  • 靴と同じ色にする(白スニーカー等)
  • 靴と同じトーンの明るさにする(コントラストを強くしない)
  • 靴かパンツと相性の良い色にする(黒と赤、ネイビーとブルー等)
  • 肌の色に近いトーンのソックスを履く(ライトグレー、肌色系オレンジ)
  • 派手な色の場合は、差し色として活用する

靴下を使ったおしゃれに使ったメンズコーデ例

上記、それぞれについては「【メンズ】おしゃれ着用の靴下でおすすめと着こなしとは?【マネできるコーデ例あり】」という記事で詳しく解説しています。

(don't forget:) おしゃれ靴下コーデとアイテム例 www.upgrade-fashion.com

まとめ

男性の下着について、おパンティー・肌着・靴下に分けて解説してきました。

おパンティーは、つき合った後にジワリと効いてくる部分(彼女の女子会対策的な意味で)で、肌着とソックスはできていないとダサコーデにしかなりません。

一見するとマニアックなのですが、長く彼女と続いている人や、夜のパートナーが多い人はこういうところにも気を配っています。

また、ファッションの感性やセンスはこうした細部を注意することで磨かれますので、手を抜かずに考える癖をつけてくださいね!

改めてこの記事を振り返ると以下の通りです。

1.メンズのおしゃれ下着【おパンティー編】

具体的なおパンティー例
  1. ユニクロ スーピマコットンボクサーブリーフ(前開き) BLACK
  2. ユニクロ エアリズムウルトラ シームレスボクサー(ローライズ)BLACK
  3. MOSKOVAトレーニングボクサーパンツ LEON別注 M2 TECH SHORT&NITE CALL
  4. GU ドライボクサーパンツ(ローライズ)(フォト)
  5. BETONES ビトーンズ ANIMAL4ボクサーパンツ パンダ
  6. Calvin Klein ボクサーパンツ グレイッシュブルー(リンク先は代替品)
考え方一覧
  1. 黒系の色(コーデと兼ね合いは考えなくてよい)
  2. シチュエーションで選ぶ
  3. 下半身の発達(←意味深)具合と、履き心地で選ぶ

2.メンズのおしゃれ下着【肌着編】(これも立派なアンダーウェア)

おすすめの肌着
  • ユニクロのエアリズム(夏)4月~10月
  • ユニクロのヒートテック(冬)10月~4月
  • ミズノのブレスサーモ(冬)10月~4月
肌着の着方
  • 全く見せない
  • 乳首透けを防止する
  • 肌着のラインが透けないようにする

3.メンズのおしゃれ靴下(ソックス)とは【これも下着と考えたほうがいいです】

おすすめのソックス
  • ユニクロ ソックス レッド
  • ユニクロ ソックス ブルー
  • ユニクロ リブソックス イエロー
  • ユニクロ スーピマコットンカノコソックス OFF WHITE
  • ユニクロ 50色ソックス(消臭機能付き) LIGHT ORANGE
  • Tabio MEN/ メンズ Tシャツボーダーソックス アイボリー
  • ユニクロ ベリーショートソックス グレー
  • ユニクロ ベリーショートソックス ネイビー
  • MONSIEUR NICOLE ラメリブソックス ネイビー
靴下の合わせ方5つの技法
  • 靴と同じ色にする(白スニーカー等)
  • 靴と同じトーンの明るさにする(コントラストを強くしない)
  • 靴かパンツと相性の良い色にする(黒と赤、ネイビーとブルー等)
  • 肌の色に近いトーンのソックスを履く(ライトグレー、肌色系オレンジ)
  • 派手な色の場合は、差し色として活用する

自信を持てる!?おしゃれボクサーパンツ。夜をアツくする下着選び
(don't forget:) おしゃれ靴下コーデとアイテム例 www.upgrade-fashion.com
免責事項

この記事は、これまでのファッションに関する経験及び知識と参考文献などを元に、独自の考察と解釈を加えたものです。 

当記事を、ファッションノウハウの取得にとどまらず、皆様の知識探求の一助となれば幸いです。

また、紹介している商品については、価格・在庫状況等は執筆時点の状況から変化している可能性がございます。ご購入の際は各ショップへお問い合わせください。

記事が役に立ったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です