【初回1000円】コーディネート依頼はこちら【リピート押売なし】

【メンズファッション】ガタイがいい人の夏コーデ【テレビ放送されました】

メンズファッションでガタイがいいからこそ使える勝負服。2020年8月8日中京テレビ「土曜バラエティ仕事の武器は恋の武器」取材時作成コーデ
みやびん

パーソナルスタイリストのみやびん(@miyabin5555)です!

学生時代スポーツマンだった人

「学生時代アメフトやラグビーをしてて体が大きくなったんだけど、夏に似合うファッションってない?」
「肩幅が広くて、足が太めなんだけど、夏のおしゃれコーデってどうやれば良い?」

こんな疑問に答えるため、以下の内容で述べていこうと思います。

本記事の内容
  • ガタイのいい人の夏コスパコーデの実例【テレビ放送されました】
  • コーデの考え方(ガタイのいい人はどう考えるべき?)
  • 今回コーデした方について
  • おまけ【テレビ取材の経緯】

本記事の信頼性

自己紹介の画像。具体的な文面は次の内容の通り。
みやびん(@miyabin5555)

この記事は、中京テレビ「土曜バラエティ 仕事の武器は恋の武器」の事前取材としてデート服(勝負服)としてコーディネートした記事です。私のファッション研究6年・スタイリスト歴2年のノウハウを詰め込みました。

という内容なので、ガタイのいい人にとってのモテコーデということは十分保証できるかと(*^_^*)

この記事の内容をよく理解すれば、持ち前のガタイの良さを生かしたファッションを作れるようになりますよ。

1.ガタイのいい人の夏コスパコーデの実例【テレビ放送されました】

上記写真の通りです。

今回は、取材の依頼内容と時間の都合上、ファストファッションメインの1コーデですが、トップクラスの出来栄えかと自負( ´艸`)

それぞれコーデのアイテムとポイントは、以下の通りになります。

コーデのアイテム
  • ユニクロ プレミアムリネンシャツ ピンク 
  • ユニクロ オーバーサイズ クルーネックT(半袖)
  • ユニクロ ストレッチセルビッジスリムフィットジーンストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ 
  • ユニクロ メタルコンビサングラス 
  • ZARA ペイント加工ディテール入りスニーカー
  • Bombata/ボンバータ 5330305 Siena-Cocco マルチビジネスバック PCバック TAP 13インチ対応【トープ】
  • ザ・リトルブルックリン 代官山 シルバーバングル

総額:37,816円

ちなみに、上記以外に見えない部分に、以下のアイテムを提案しています。
・ユニクロ シームレスベージュのエアリズムTシャツ
・ユニクロ グレーのベリーショートソックス
どちらも見えない部分のオシャレ男子必須アイテムですね。

という、ガタイのいい人だからこそできる最高コスパの超・エレガントコーデとなっております。

コーディネートで有利なのは、体の大きい人というのは相変わらずなのですよ(;^ω^)

あと一工夫ほしいのは、腕時計をつけることですね!

腕時計は、腕まわりのアクセサリーになります。

ちなみにTさん、アッ●ルウォ●チはオシャレアイテムじゃないですよ!(←私信(笑))

さてさて、早速アイテム紹介へと移ります。

ユニクロ プレミアムリネンシャツ ピンク

ユニクロ プレミアムリネンシャツ ピンク
おすすめポイント
  • 夏の季節感を示す、見た目涼し気なリネンの素材感
  • 薄いピンクで爽やかさをプラスしている
  • アクセントカラーとして活用できる

このアイテムの良いところは、ちょっと威圧感のある人やガタイのいい人と相性が良いことです。

こわもての印象を緩和し、ちょうどいい感じにさわやかで柔らかい印象を与えることができます。

ユニクロ オーバーサイズ クルーネックT(半袖)

オーバーサイズ クルーネックT(半袖)1,500円
おすすめポイント
  • 光沢感と高級感ある素材で、上品さを演出
  • 夏場に使うカラーと相性の良い白色と光沢感
  • 白シャツなので清潔感がある
  • エアリズムなので、夏場でも涼しく快適

普通に使う分には大きく印象に残らない脇役的なアイテムですが、アクセントカラーと合わせることで一気に上品になるアイテムです。

機能的にも抜群なので、暑がりの方にも一着おすすめしています。

ユニクロ ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

ユニクロ ストレッチセルビッジスリムフィットジーンストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ 3,990円
おすすめポイント
  • 今季のユニクロのスキニージーンズにはない、素材の光沢感
  • ネイビーの中でも夏寄りの色味(少し薄めの色)
  • 光沢感とフィット感で、ちょっと上品な印象を演出
  • 足の太い人にピッタリのシルエットになる
  • (さらにすそ直しをして足首を見せることで、色気をプラスしている)

このアイテムは、普通~やせ体型の人が履くとふくらはぎの部分が大きく、野暮ったさが出ます。
ですので、ガタイが良く、足の太い人向けのアイテムと言えます。

このアイテムに限ったことではないのですが、ファストファッション系はサイズ感が緩めなので、標準より大きめサイズがハマる人には強い味方となってくれる場合が多々あります。

ユニクロ メタルコンビサングラス

メタルコンビサングラス 1,500円
おすすめポイント
  • 夏のネックレスの代わりに、コスパよく胸元アクセサリーとして使える
  • 少しチャラさを演出することができる(女性を口説いても違和感がない)
  • サングラスなので、夏の季節感を強く出せる

ネックレスの代わりに使うことができますが、実はネックレスとは少し違う演出もできます。

よりカジュアルでくだけた印象を与えることができます。

リゾート感ってとこですね!

ZARA ペイント加工ディテール入りスニーカー

ペイント加工ディテール入りスニーカー 5,990円
おすすめポイント
  • 白スニーカーながら、柄のアイテムとして活用できる
  • ZARAならではの、足の幅が広い人に対応したサイズ感
  • 通常の白スニーカーと同じように使える(実際に着用した時、目からは距離が遠くなるので、見た目ほど攻めた印象にはならない)

このアイテムは、足の横幅が大きい人におすすめできる柄のシューズです。(ZARAのシューズは外国人サイズで作っているので!)

また夏場になると他のアイテムで柄を入れにくいので、持っておくと使いやすい便利なアイテムとなります。

そう言えば、これから合コンに行くクライエントに、このシューズを選んだことがありました!

案の定、参加者からシューズを褒められたとのことです! 当然と言えば当然かな(←自慢)

ボンバータ Siena-Cocco マルチビジネスバック PCバック 13インチ【トープ】

Bombata/ボンバータ 5330305 Siena-Cocco マルチビジネスバック PCバック TAP 13インチ対応【トープ】 13,596円
おすすめポイント
  • 丸みを帯びたバッグでかわいい印象を与えつつ、表面のクロコ模様(印刷)で高級感を与えてくれる
  • トープ(ブラウンとグレーの中間)という色味で、どんな服にもほぼなじむ

ボンバータのバッグの中でも一見すると無難で地味な印象なのですが、上記の通りの使いやすさからおすすめできるアイテムとなっています。

ザ・リトルブルックリン ダイカンヤマ シルバーバングル

ザ・リトルブルックリン 代官山
おすすめポイント
  • 手首が太い人でも使えるバングル
  • デザインが入っているので、少し個性を出せる
  • シンプルな色のバングルなので、さりげないオシャレ感が出る

ネックレスなどのアクセサリー系でクオリティーの高いお店ですが、バングルもクオリティーが高いお店です。

特に、バングルの場合は高いクオリティーかつ手首が太い人も使えるのはこのお店しか売っていませんでした。

コーデの考え方(ガタイのいい人はどう考えるべき?)

今回のコーデのポイント
  1. デカすぎる服を着ない(超重要)
  2. 夏のアクセントカラーとして、淡い色(今回はピンク)を使って清涼感を出す
  3. インナーにつや感のあるアイテムを活用して、上品さを増す
  4. つやのあるジーンズでエレガントさを出す
  5. シューズに柄を入れ、シンプルすぎないコーデにする
  6. バッグの風合い(アクセント)で品のある印象を残す

今回のコーデについては、上記の通りです。

中でも一番重要なのは、デカすぎる服を着ないことです。

実はこのリネンシャツ、前のボタンを閉じることができないサイズなのです!

ボタンを閉じられるサイズだと大きすぎてだらしなく映るので、肩幅でサイズを合わせました。

肩幅でサイズを合わせているため、羽織りのアウターとしてしか活用できません。

だから、前は開いたまま!

今流行りのビッグシルエットはガタイのいい人には相性が良くないです。緩い雰囲気や中性的な印象を与えるファッションなので「ガタイがいい=男らしい人」が身にまとうと、せっかくのガタイの良さが活かせません。

ガタイのいい人は、ぴったりサイズのきれいなファッションで全体を〆つつも、ふとした瞬間に自然と出てしまう逞しさで女性の心をつかむのが鉄板です。

そんなガタイのいい人共通の考え方について、それぞれのアイテム別に解説していきます。

ガタイのいい人の夏のパンツ選び

パンツ選び
  • 太ももが入る中でジャストサイズを選ぶ
  • アンクル丈にすることでクッションが出るのを防ぎ、スッキリ感と足首のくびれから色気を出す
  • ネイビーの中でも、夏の涼し気な印象が伝わる素材感のものを選ぶ(※初心者は濃紺でもOK)
  • 真夏の場合、ショートパンツもOK

上記の通りです。

パンツ選びで失敗してしまうと、特にだらしなく見えてしまうので要注意です。

ガタイのいい人のシューズ選び

シューズ選び
  • 足幅が広くなりがちなので、普通のブランドではサイズが合わないことが多い
  • 海外系のブランドで探すことがおすすめ
  • コスパで選ぶならZARAがおすすめ

ガタイのいい人でありがちなのは、足が発達しすぎて横幅が広くなってしまうことです。

そのため、まず最初にZARAなどの海外ブランドからシューズを探していくことをおすすめします。

ガタイのいい人の夏のアウター選び

アウター選び
  • なで肩感を極力出ないようにする
  • 夏は襟が高めのシャツを羽織るコーデが基本(夏以外は肩パット入りジャケット)
  • 襟の高いシャツを選ぶ

ガタイのいいスポーツマンにありがちなのは、上着を羽織るとなで肩っぽいシルエットになってしまうことです。(僧帽筋が発達してしまうがゆえの弊害です)

そのため、夏であれば襟の高いシャツをアウターとして活用し、夏以外は肩パッドを入れたジャケットを羽織るのが基本となります。(特にカーディガンは丸っこいイメージになるので、避けた方が無難です(;^_^A)

ガタイのいい人のアクセサリー選び

アクセサリー選び
  • バングルが必須だが、腕に食い込むサイズのものは使えない
  • ネックレスは長めのチェーンを選ぶ

夏場に関しては、特に必須となる腕と首周りのアクセサリー。

ガタイのいい人は上記の通り大きいサイズのアクセサリーを探すことになります。

今回コーデした方について

依頼者の情報

お名前:Tさん
年齢:20代
相談内容:モテコーデを作りたい(番組の趣旨的にもですが(笑))
目標とするコーデ後のイメージ:「活発な小学生から男子校に行ってアメフトに目覚め、東京の大学でファッションを学んでUターン就職した年収1200万円のクリエイターの夏ファッション」

入社1年目のフレッシュで物腰柔らかな好青年で、一緒にいると明るくて楽しい雰囲気になれました!

そうそう、ガタイが良くて、物腰柔らかで、一緒にいると明るく楽しい雰囲気になれる・・・
それに加えて大手企業勤務で高学歴となれば…。

これって、一番モテるタイプの男性ですね!(特に、Sっ気のある女性にめっちゃモテます(笑))

ファッションの力を得て、いったいどのくらいモテるようになるか楽しみです!

あまりのモテ要素の揃いっぷりにちょっと未来が見えました(笑)!
まあ、半年後に会った時、人柄の良さまでも変わってしまわないことを願いますが(←意味深)

ちなみに、番組上ではタレントでありながらTiktok・インスタグラムのインフルエンサーでもあり、「10代のカリスマ」と称されている山之内すずさんにコメントいただいていました!

なんというか、こうしてカリスマとまで称されるほどの女性タレントに、コメントまでいただけて光栄です( ´艸`)!

おまけ【テレビ取材の経緯】

ここから先は、小学6年生の時にCBCテレビの「天才クイズ」に出演して以来40年ぶりのテレビ出演にあたふたするオッサンのドキュメンタリー風茶番劇です。過度な期待は無用ですが。コーデ当日の流れを知る参考にしてください。

①取材依頼は突然に

8月4日(火)メロスは激怒した…風に、みやびんは戸惑っていた…(笑)

なんとコーディネート依頼窓口に、テレビ局員と名乗る人から連絡があったのだ・・・Σ(・□・;)

まだブログを立ち上げて、たったの半年。

「うーん、こんな連絡が本当に来るものなのか? 新手の詐欺とかじゃないのか? いやしかし、ドメインは間違いなくテレビ局なんだしなぁ」

「VTRとはいえ、テレビの出演依頼・・・!」

地元のテレビ局からの依頼だった。

様々な憶測が飛び交う中、とりあえず返信連絡をし、木曜日にディレクターとラインで打ち合わせ。

当日ファッションコーデをすると決まり、

「ここで(ここでも)死力を尽くすのがみやびん流コーデの神髄だからなー」

などと(勝手に)気合いを入れて下準備に取り掛かるのだった。

金曜日に仕事をできるだけ早く終え、名古屋パルコ周辺のショップを2時間を巡回( ´艸`)

ブランドだろうが何だろうが、コーデは完璧に仕上げられるのはこういう下準備あってのこと!

何より、がっちり体型というファッションで磨けば一番モテる特徴を聞き、さらに期待感を上げていた・・・

ちなみに、お相撲さん体型の場合も想定していたのは内緒( ´艸`)

そして迎えた翌日。美容室で髪を整え現場に向かう私。

待ち合わせまでの30分で、ユニクロ~GU~無印良品まで視察を完了。

ついに近づく対面の時に、緊張のあまり食欲すら消え失せていた(-_-;)

栄のクリスタル広場で集合し、すぐに撮影の打ち合わせに。

待っていたのはガタイがよく、しかし柔らかな雰囲気を身にまとう好青年であった。

お相撲さん体型でなく、ちょっと安心。

「おー、この雰囲気ならコーデすれば間違く化ける・・・この青年がファッションを変えてモテないはずがない」

そう確信して、まずはサイズ感を知るために、定番のユニクロに向かうのだった。

②いざ、基礎コーデを作りにユニクロへ

普段はXLを着ているということだったが、みやびんの見立てでは明らかにLサイズだ。

合わせてみると、案の定問題なく着こなせていた。以降、Lサイズで統一することに。

他人の適正サイズを見抜くことにもずいぶんと慣れたものである(←また自慢)

良くあることですが、男性は見栄えより動きやすさを優先するため、自分の適正サイズよりワンサイズ大きな服を着がちです。
このことが、だらしなさにつながり、魅力を引き出せない原因となっているので要注意です。

ピンクとミントグリーンを交互に試着してもらい、断然似合うピンクをチョイス。

しかしミントグリーンの方は、印象に残らない普通の人になってしまった(´;ω;`)

これがファッションの難しいところである。方程式のように着合わせしても、本人の持つ人柄や雰囲気から似合わないということがよくある。

こればかりは、経験値やファッション研究によってセンスを磨く以外方法がないのである。

で、本人もピンクが好きということで、アウターのシャツはピンクに決定!

ちなみに、ピンクは愛情を表現する色で、ミントグリーンは若さを表現する色です。

ここでようやくディレクターから、ユニクロなどのファストファッションメインのコーデにしてほしいと提案あり。予算も3万円程度とのこと。

ファストファッションについては超得意分野で、しかもファストファッションと相性の良い体格なので、まったく問題なし。むしろ、渡りに船であった。

ユニクロでは、エアリズム ベリーショートソックス リネンシャツ(ピンク)スリムフィットジーンズ(ネイビー) オーバーサイズTシャツ(白) ついでに、ハーフチノをお買い上げして、1万円ちょっとくらい。

ジーンズは裾直しへ。

ネックレスは予算が通らず、売り場でたまたま見かけた1,500円のサングラスで代用。

クライアントから予算が通らずというのはいつものことで、もう慣れたものである。磨いてきたアドリブ提案力が生かせてほっとする一幕であった。

③昼休憩そしてコーデ完成へ

前半戦を終え、ガストで遅めのお昼休憩。

緊張で何ものどを通らず、コカコーラを2杯飲む。意外と繊細( ´艸`)

そんな中で初のお客さんに必ずやっている「ハートグラム」で性格を調査。

「ハートグラム」とは、占いと称した心理テストのようなものです。みやびんの場合、「性格まで含め、似合う服はどんなものか?」を探るツールとして使っています。

結果は第一印象通り。

ついでにSっ気の強い女性との相性が抜群であることもここで判明する(笑)!

ますますコーデに自信を持つことができた一幕だった。

休憩のあと、さっそくシューズ選びにZARAへ。

最初は白いスリッポンを考えていたが、サイズ欠けでちょうど良いサイズなし。

慌てず、柄の入ったスニーカーに変更する。

ここでも、シューズのサイズが合わずに苦戦した経験が生きている。

この時、白スニーカーのサイズがハマった場合の案として、2,000円ほどのスカーフで柄を入れるつもりでした。結果的にコーデ選びの手間が少なくなりました。

無事にシューズ選びを完了し、少し安心したところでまたも想定外が発生。

いつもおすすめしているコスパ抜群のバングルが、クライエントの手首の肉に食い込み、NGとなった。

「あー、ここのバングルは手首の太い人には入らないことがあるんだよなあ」

ふと以前、同様なことがあったことを思い出した。

そこで次策として、「ザ リトルブルックリン ダイカンヤマ 」にバングルを選びに向かう。

ザ・リトルブルックリン ダイカンヤマ

幸運にもイメージ通りのシルバーバングルがあり、何とかコーデを作りこむできたのだった。

このシーンはTVでも放映されていますね!

コーデ解説でも触れましたが、バングルは手首の太さによって使えるものとそうでないものがあります。必ずお店で着用して確認してください。

と、ここで裾上げしたパンツのことを忘れていたため、ユニクロに回収に戻ることに。

ここで全部着替えてみて、ばっちりイメージ通りのコーデとなり一安心。

交差点を横断中、たまたま居合わせた会社の同僚の方に記念写真を撮っていただくことに( ´艸`)

左はディレクターさん、真ん中がクライエント、右がみやびんです。

余談ですが、クライエントを引き立てるためにあえて「少し地味なおしゃれ」をしています。結果としてこの作戦がうまくいき、上記の通りクライエントが一番目立つ写真になりました。当然のことながら、クライエントが主役ですから!

そして、タイムリミットがせまりつつある中で三越のバッグ売り場へ。

今回はピンクの色合いと相性が良く、さらにどんな服とも合わせやすいボンバータの「トープ」を選択。

こうして、コーデが完成したのであった。

クライエントの時間がなかったため、写真の袖のまくり(ミラノまくり)をきれいに直す暇がなかった。ここだけ無念(-_-;)

というわけで、今回のコーディネートの流れでした!

コーディネート当日の雰囲気をつかんでいただければと思います。

それではまた来週!

免責事項

この記事は、これまでのファッションに関する経験及び知識と参考文献などを元に、独自の考察と解釈を加えたものです。 

当記事を、ファッションノウハウの取得にとどまらず、皆様の知識探求の一助となれば幸いです。

また、紹介している商品については、価格・在庫状況等は執筆時点の状況から変化している可能性がございます。ご購入の際は各ショップへお問い合わせください。

記事が役に立ったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です